【20秒→10秒→…の繰り返し設定が可能!】HIITのトレーニングにおすすめのタイマーを紹介!!

どーも、こんにちは!
王道をていねいに解説する事にこだわり続ける「きらめきハーバリウムの管理人」です!

今日はハーバリウムと全く関係のない事なのですが笑、「HIITのトレーニングに役立つインターバル用のオススメタイマー」を紹介したいと思います。

HIITトレーニングをやってみたいと思ったのは、メンタリストのDAIGOさんの話を聞いて自分も『あ〜自分もHIITトレーニングをやってみたいなぁ』と思ったのがきっかけでした。

ただ最初はHIITトレーニングをやろうと思っても、「20秒→10秒→20秒→…」みたいに細かい感覚でブザーが鳴ってくれるタイマーが見つけられなかったんですよね汗

そしてその後いろいろ購入して見た中で、「HIITトレーニングにピッタリのタイマー」を発見しましたので、今日はその商品を紹介しようと思います。
もちろん「20秒→10秒→20秒→…」という感覚でブザーを鳴らすようにする事も可能です!

『HIITトレーニングを続けてやっていきたいんだけど、良いタイマーがないんだよなぁ…』と一度でも思われた事がある人にとって役に立つ記事となっていますので、ぜひ参考にしてみてください!
ではどうぞ!

スポンサーリンク


目次

【8段階のブザー設定が可能!!】HIITトレーニングにオススメのタイマーがこちら!!

created by Rinker
エー・アンド・デイ(A&D)
¥1,699 (2019/09/19 06:36:20時点 Amazon調べ-詳細)

今日紹介する「HIITトレーニングにオススメのタイマー」が、こちらになります。

『防水でしかも、インターバル設定ができるタイマーだと結構するんじゃないの?』と思う方もいるかと思いますが、2018年9月27日現在のアマゾン価格で「1,763円」と、良心的な価格帯である事も魅力的な商品です。

タイマーの全体像

こちらのタイマーの全体像はこのようになっています。

大きく分けて「1分」と「10分」、「10秒」のボタンと、入力した設定を記憶させる「メモリーボタン」、そしてタイマーを作動させる「スタート」と「ストップ」のボタンがあります。

【最大の魅力】8段階(8回連続)のタイマーセットが可能!!

『細かいタイマーの設定を8段階も記憶させ、1から順番にブザーを鳴らしていく事が可能です』

こちらのタイマーの最大の魅力は、『8回連続でタイマーセットが可能』な所です。

上の写真の「1〜8までの数字」に着目してみてください。
例えば「1回目は20秒で鳴るようにして、2回目は1分で鳴るようにする。3回目は…」といった感じで、合計8回分のタイマー設定が可能な商品となっています。

【20秒→10秒→…のタイマー設定の実例!】HIITを例に挙げながら、タイマーの設定方法の手順を紹介!!

それでは、実際のタイマー設定の流れを紹介していきたいと思います。

おそらくこのページを読んでくださっている方は、「20秒→10秒→20秒→10秒→…」を8回繰り返すように設定する方がほとんどだと思いますので、そちらを例に挙げながら「タイマー設定の手順」を紹介していきたいと思います。

具体的な流れは、以下の通りです。

タイマー設定の流れ
  1. 「メモリーボタン」を押す
  2. 「10秒のボタン」を2回押して、20秒にセットする
  3. 「メモリーボタン」を押す
  4. 「10秒のボタン」を1回押して、10秒にセットする
  5. 「メモリーボタン」を押す
  6. この「20秒→10秒→」の流れを、最後の8回目までセットする
  7. 「スタートボタン」を押して、タイマーを作動させる

こちらですね。
それでは簡単に見ていきましょう!

手順その①:「メモリーボタン」を押す!

手順自体はかなり簡単なので、それぞれのやり方をざっと紹介していきます。

まず最初に、「メモリーボタン」を押します。
こうする事で以下のように↓

液晶画面の左下に「1」の数字が現れて、点滅をし始めます。

手順その②:「10秒のボタン」を2回押して、20秒にセットする!

液晶の左下に「1」の数字が点滅した後は、「10秒のボタン」を2回押して、液晶の数字を「20秒」にセットしていきます。

手順その③:「メモリーボタン」を押す!

「20秒」にセットできたら、「メモリーボタン」を押してください。
「メモリーボタン」は、決定ボタンのようなニュアンスで考えていくと良いと思います。

メモリーボタンを押した後は、以下のように↓

カウントが再び0に戻り、その下の数字に「2」が現れて点滅し始めます。

手順その④:「10秒のボタン」を1回押して、10秒にセットする!

液晶の左下に「2」の数字が点滅した後は、「10秒のボタン」を1回押して、液晶の数字を「10秒」にセットしていきます。
「10秒」にセットできたら、後は先程と同様に「メモリーボタン」を押してください。
そうすると、以下のように↓

液晶の左下に「3」の数字が点滅し始めます。

この「20秒」→「メモリ」→「10秒」→「メモリ」→「20秒」→…を液晶の左下の数字が「8」になるまでセットしていきます。

すると以下のようになるので↓

このように「8」まで数字をセットし終えたら、後は「スタート」を押すだけでタイマーが作動してくれます。

長々と書いてきましたが、実際にいじってみるとめちゃくちゃ簡単なので、誰でもすぐに使いこなせるかと思います。
説明書もしっかりと入っていますので、ご安心ください。

【鳴り方のイメージを更に詳しく!】タイマーの鳴り方のイメージを更に詳しく説明します!!

ここまでの説明を見てきて『タイマーが鳴ってる間は、タイマーの時間が止まってしまうのか?』と疑問に思う方もいるかと思いますので、少し鳴り方のイメージを補足しておきます。

タイマーの鳴り方のイメージ
  1. 20秒からスタートを押した後は、「19…18…17…」と、どんどん数字が減っていきます
  2. そして数字が「0」に鳴った瞬間「ピピッ、ピピッ、ピピッ」と5秒間鳴り続けます
  3. また、「0」になった瞬間に次にセットしたタイマーが作動するので、「ピピッ、ピピッ、ピピッ」と鳴ってる間にも次のタイマーが「10…9…8…」と減っていってくれます
  4. 再び「0」になった瞬間「ピピッ、ピピッ、ピピッ」と5秒間鳴り続け、また次のセットに移ります

後はひたすら、これの繰り返しが「8セット」まで行われる感じですかね。

というわけで、『タイマーがピピッと鳴ってる間に、次のタイマーが止まってしまうという事はない』ですので、ご安心ください!

【8セットだと2分間しかHIITが出来ないけど?】4分間のHIITトレーニングを行うためのタイマーのセット方法を紹介!!

『実際に、8セットまでタイマー設定できることがわかったけど、「20秒→10秒→20秒→…」を8回繰り返すのだと、合計で「2分間」しかHIITトレーニングができないけど、「4分間」トレーニングをするにはどうしたら良いの?』と疑問に思う方の為に、ここで補足しておきます。

これは非常に簡単で、最後の8セット目が終了してタイマーが「ピピッ、ピピッ、ピピッ」と鳴った後に、再び「スタートボタン」を押すだけでOKです。

こうする事によって、タイマーが再び「1」から作動し始めるので、HIITトレーニングの残りの2分を行うことが出来ます!

【マイナス点はないの?】音量の大きさを調節できない所は注意が必要かも…

『ブザー音量の上げ下げができない所は、短所として感じる人が多いかも…』

このタイマーの唯一の欠点を挙げるとすれば、それは「ブザー音量の上げ下げができない事」だと自分は感じます。
つまり、「タイマーがいつも一定の音量で鳴ってしまう」というわけです。
この点に関しては、明らかにマイナスだと思いますね。

ただし実際は、目覚まし時計のように爆音でタイマーが鳴るといった感じではなく、よくある一般的なタイマー音の「ピピッ、ピピッ、ピピッ」が、鳴り響かないレベルで「軽く鳴ってくれる感じ」なので、おそらく多くの方がタイマー音を気にせずに使っていけるかと思います。

【地味に便利な機能!】マグネット付きと防水機能が付いているのがかなり便利!!

またこちらのタイマーは、「IPX7」という防水規格を満たした「防水タイマー」になっている事も見逃せません。

【IPX7とは?】

本製品の防水規格はIPX7です。水まわりなど、濡れた手でも安心して使うことができます。IPX7とは常温で水道水、かつ静水の水深1mの水槽にタイマー本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、タイマー本体内部に浸水がなく、タイマーとしての性能を保持できることです。

ー商品パッケージより引用

と、このように「水槽に30分放置出来るレベルの防水性能」となっています。
恐ろしく性能が良いですよね笑。

自分が使ってて良いなぁと感じたのは、HIITをしていて『汗をかいた状態でタイマーに触ってタイマーを壊したくないなぁ…』と思うことが完全に無くなった事でした。

これは完全にこのタイマーの防水規格のおかげで、これは「スマホをタイマー変わりに使っている人」にはなかなか実現出来ない事なので、本当にこの防水機能は便利だと思いますね。

便利といえば、もう一点あるのが「裏面のマグネット」に関してです。

『地面にタイマーを置いておくと汚れたり扱いづらい…』と感じる事が多いですが、この「裏面のマグネット」があるおかげで、かなり使いやすく(というよりも、設置しやすく)タイマーを利用できます。

『毎日のように使うタイマーだからこそ、細かい所で便利なタイマーが良い』

このタイマーの「扱いやすさへの配慮」は、非常に優れていると言えます。

【HIIT以外の使い道は?】他にもある!オススメのインターバルタイマーの使い方!!

最後に、自分が行なっている「HIIT以外のタイマーの使い道」について軽く紹介をして終わりにしたいと思います。

それがこちらです。

HIIT以外のタイマーの使い道
  1. 「30分」にセットして、瞑想の時に使う!
  2. 5分のカップラーメンを作る時に、「4分40秒」でセットして「麺が固めのカップラーメン」を作る!

自分が行なっている「HIIT以外のタイマーの使い道」がこちらになります。

もろに「男」といった感じですが笑、人によってはまだまだ色々な使い道のあるタイマーだと思いますので、コスパが良いアイテムなのは間違い無いと言えるでしょう!

【始めるか?止まるか?は、あなた次第!】気持ちよくHIITを行いましょう!!

いかがだったでしょうか?
今日は、「HIITのトレーニングに役立つインターバル用のオススメタイマー」について紹介してきました。

さすがに、写真と文字だけでタイマーの説明をするのは無理がありましたが汗、こちらの商品はちゃんと『20秒→10秒→20秒→10秒→…の感覚でブザーを鳴らすことができるタイマー』となっているのは間違い無いので、「HIITトレーニング用のタイマーを探していた方」はこちらのタイマーが非常にオススメです。

ぜひ参考にしてみてください。
それでは今日はここまでです。
ではまた!

今日紹介した商品がこちら!

created by Rinker
エー・アンド・デイ(A&D)
¥1,699 (2019/09/19 06:36:20時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク